マタニティ歯科

妊婦さん向けの治療と予防などを行います

マタニティ歯科~マイナス1歳からの虫歯予防

マタニティ歯科とは、まだよく聞き慣れない言葉ですが、妊婦さんと産まれる前のお子さんの予防を目的としたものです。

赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなるかも
虫歯があるみたいだけど治療ができない
など、お口の中でお悩みの方も多いと思われます。そこで当院では、妊婦さんの時期・種類・アレルギーを確認しながら予防と治療を考えていきます。

また麻酔は基本的に局所で分解されますので、問題が無いことがほとんどです。どうぞご安心ください。

妊娠中治療の最適時期は何時でしょうか?
妊娠中治療の最適時期は身体の安定期でもある3~8ヶ月の間が良いと言われています。

この時期は精神的・身体的に安定していますので、その間にできるだけ治療を終わらせるように計画を立てます。

また、妊娠初期は体内の赤ちゃんが重要臓器が形成される時期のため、基本的に応急処置にとどめていますし、妊娠後期についても出産が控えてきますので、無理をされない程度まで行って休止します。


マイナス1歳からの虫歯予防
マタニティ歯科では、妊婦さんだけでなく、授乳中の方やお腹の中ですくすくと育っているお子さんも対象です。

お腹の中や、生まれたての赤ちゃんのお口の中に虫歯の菌はいません。乳歯形成は胎生期7週目から始まるために、乳幼児の健康な口腔を確保するためには“マイナス1歳”、つまりお腹の中からの良好な口腔内環境が必要になります。

妊娠初期には“つわり”や“体調がすぐれない”ことが多くなり歯がうまく磨けない場合があり、虫歯や歯周病が発症しやすくなります。
またお子さんが虫歯になってしまう原因としては、胎内での虫歯菌の感染(母子感染)も考えられます。お子さんがお腹の中にいる「マイナス1歳」の時からお母さんのお口の中をキレイにしておかないと、出産後に虫歯が発症するリスクもあるのです。

それともう1つ、“サイレントキラー”と呼ばれる歯周病に、妊娠中のお母さんがり患しているときは、早産や低体重児の出産の確率が上がってしまうという事実もあります。

当院では口腔内を健診し、早期の治療とフッ素などで予防処置をすることで健康な口腔内状態を保っていきます。

医院概要

医院名 荏田ファミリー歯科・矯正歯科
診療科目 一般歯科・小児歯科・マタニティ歯科・矯正歯科・予防歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング
住所 横浜市青葉区荏田西2-14-5 2F
電話番号 045-507-5522
PAGE TOP ▲
copyright(c) Eda Family Dental Clinic
・Orthodontic Clinic All Rights Reserved.